主な離職原因と離職率の改善方法~離職防止に効果的な経営支援ツール「ココトレ」~
 

企業経営に影響を及ぼす社員の離職問題。離職する社員にとっても、慣れた仕事、職場環境、経験を自ら手放すわけですから、相当な理由があるはずです。社員が離職する原因はいったい何なのか、こちらでは主な離職原因と離職率の改善方法をご紹介します。離職防止の対策に、「ココトレ」もぜひご活用ください。

なぜ社員が離職するのか?~主な離職原因~

離職原因にはいろいろありますが、主な原因として以下の4つが挙げられます。

人間関係

職場の人間関係は、そこで働く人にとって非常に重要です。

1日の大半を一緒に過ごす人たちとなるため、人間関係が良くないと離職率も上がります。

給与が低い

仕事内容や仕事量に対して給料が低い、あるいは給料がなかなか上がらないことも、離職の大きな原因となっています。

休日が少ない

仕事が忙しく休日がほとんどない、または、あっても自宅に仕事を持ち帰ってやらなければいけないとなると、不満や不安が募り離職へとつながります。

サービス残業が多い

残業が常態化している職場や残業代が発生しない(サービス残業)職場は、離職率も高くなります。

この他にも、「仕事にやりがいを感じない」「もっとキャリアアップしたい」「ノルマが厳しい」「将来性・安定性が感じられない」といったことが、離職原因になっています。

こうした原因を正確に把握し、対策を講じなければいけません。

企業の離職率改善にはどんな対策が有効?

離職率を改善するための対策には、「これが最善の策!」という決まったものはなく、企業や社員の悩みや問題に応じて考える必要があります。

例えば、離職原因が「職場の人間関係」という場合は、上司・部下・同僚など、社員同士でコミュニケーションがとれる環境をつくることが大切です。お互いにどのような人間でどのように仕事に取り組んでいるのかを知る機会を設けて、人間関係を構築できるようにします。

すると、コミュニケーションの円滑化も図れるようになるため、人間関係に対する悩みや不安が和らげられて、トラブルや離職を未然に防ぐことにもつながります。

離職防止に効果的なツール「ココトレ」

前述したように、離職率の改善は原因に応じて対策を考える必要があります。その際、社員は一人ひとり個性や能力が異なるため、その点も考慮しなければいけません。

しかし、経営者は日々様々な業務に追われ、社員一人ひとりのことを細かく知ることは難しいのが現状だと思います。それが結果、社員の離職につながっています。離職防止の対策を講じてもなかなか効果がないと感じていましたら、企業の人材投資を最大化する経営支援ツール「ココトレ」の導入をぜひご検討ください。

「ココトレ」を使うことで、社員一人ひとりの人間性や状態がわかるようになるため、離職率の改善を図るヒントが得られます。

日本企業は今後さらに、人手不足問題に直面することが予想されます。

そうした場合においても、経営者が社員ひとり一人の考えや悩みを把握して対策を講じていれば、優秀な人材を失わずにすみます。

「ココトレ」を使うことで人材に対する費用対効果の最大化が図れますので、ぜひご活用ください。

離職原因を知り離職率を改善するために役立つ「ココトレ」

会社名 ココロデザイン株式会社
電話(代表者直通) 092-405-1501
事業 人事コンサルティング業
住所 〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2丁目18-28-504
事業内容 1.組織強化、人事戦略、労務政策に関するコンサルティング業務
2.人材採用・教育研修業務
3.ココトレの実施とフォローアップ業務
4.人事・教育制度の設計、導入、運用業務
代表取締役 一本 亮
取締役
  • 大久保 道和
  • 光永 尚慰
  • 福田 健治
創業年月 2014年11月
資本金 1,500,000円
URL https://cocotre.biz/
資料請求
無料体験