新人が定着しなくて、このままではヤバいとお考えの担当者様へ
 

人材不足が企業を疲弊させています

いつまで、採用・教育コストをムダにし続けますか?
いま取り組むべきは「人材の定着」です

採用や離職に伴う目に見えないコストの削減と、正しい対処法による生産性アップの実現
株式会社エイチ・エル・ソリューション
代表取締役 古賀 裕一氏
当社独自のクラウド型定着検査サービス『ココトレ』は、
新入社員や中途入社社員、ベテラン社員などが
表面的には見せない『本音』を即座に見える化でき、
悩みや不安、不満を抱く社員に
ピンポイントかつ効果的に対処することが可能となります。

無料で3名様までお試しいただけます。
実際にテストを受けられてお確かめください。

採用コスト+教育コスト=ムダコスト
になってませんか?
ダメなケース

入っては辞めるのサイクルは
無駄なコストばかり増えます。

理想のケース

定着すればコストが下がるだけでなく、
企業1人当たりの売上も上がります。

一人当たりの採用単価が53万円(マイナビ調べ)といった数字も出ており、年間の退職者数を乗じると1000万円、なかには1億円以上になるケースも少なくありません。売上に換算したら、数億円から数十億円のインパクトになるのです。

人手不足倒産が過去最多ペース 月内にも前年水準超え

深刻な人手不足を背景にした国内の企業倒産が件数・負債総額ともに過去最多ペースで増加していることが14日、分かった。今年1~9月の合計は299件に上り、10月中にも平成29年の年間水準(317件)を上回りそうだ。従業員が確保できず事業継続が困難になったり、社員を引き留めるため賃金を無理に引き上げたことで収支が悪化したりしたケースが目立つ。

原因① 全国の景気好調
全国的に企業の景気は「良い」状態を維持。採用にも積極的。
原因② 人口の減少
生産年齢人口(15~64歳)は直近20年で1124万人が減少。
原因③ 少子化
学生の絶対数は、バブル期の約半分にまで減少。
生産年齢人口は直近20年で約1000万人減少。
求人数に対し、求職者数が圧倒的に足りない。
退職理由 割合 詳細
仕事がきつい、ストレスが大きい 22.9% 体力的・精神的に厳しい、というものもあるが、組織における支え合い・一体感が薄れていること(孤独に戦っている感)が原因。⇒生産性本部調査より
賃金が安い 22.8% 何をどう頑張れば将来的に上がるのかが不透明なため、割に合わないと感じているのが原因。
キャリアアップ 21.8% 上司からのフィードバックによる成長実感がない、目に見えるバッジなどの勲章がない、社内検定や社外資格などが取れないのが原因。
会社の将来性、安定性に対する不安 20.8% 経営者や上司が、経営方針や具体的な計画を社員にわかりやすく伝えないために、社員を「この会社はどうなるんだろう?」と不安にさせているのが原因。
会社の倒産、事業所の閉鎖 18.0% 会社の倒産や事業所の閉鎖による直接的な退職が原因。
労働時間が長い 17.6% スマホ等によりいつでも連絡が取れるため、私生活との境がなく、労働時間(拘束時間)が長いと感じてしまうのが原因。
仕事のやりがいがない・少ない 16.1% 「ありがとう」「ごくろうさん」と言ってもらえることが少なく、報われている感じがしないのが原因。
上司や先輩との人間関係が悪い 12.5% 仕事のやり方が前時代的で、上司や先輩が「何でこのくらいのことができない!?」と部下や後輩を責め、「辞めさせても次雇えば良い」と考えているのが原因。
体調の悪化 6.3% 仕事のやり方が前時代的で変えようともせず、根性と我慢で乗り切ろうとするのが限界を超えて体調が悪化したことが原因。
※「人材(人手)不足の現状等に関する調査」(企業調査)結果及び 「働き方のあり方等に関する調査」2016(労働者調査)結果より引用
いつでも採用できる時代は終わりました
いま取り組むべきは「人材の定着」です
当社独自のクラウド型定着検査サービス『ココトレ』は、
新入社員や中途入社社員、ベテラン社員などが
表面的には見せない『本音』を即座に見える化でき、
悩みや不安、不満を抱く社員に
ピンポイントかつ効果的に対処することが可能となります。

無料で3名様までお試しいただけます。
実際にテストを受けられてお確かめください。